63: たったーさん 2019/04/28(日) 07:42:50.68 ID:jDQmmfRd
創作におけるアンケートです 
自分の子供を殺された主人公が仇討ちで敵役に同じ苦しみを与えるために子供を殺す(殺そうとする)というストーリーに 
矛盾を感じるかどうかを素朴な意見として聞かせてください 

いくら憎むべき相手でも子供を殺そうとする主人公は子を失ったトラウマを持ってる身としてありえないと思いますか? 
仇討ち相手の子供なら袈裟まで憎い現象でありえると思いますか?


figure_question



64: たったーさん 2019/04/28(日) 08:21:17.88 ID:GAHZcsLO
>>63 
まず仇を苦しめる、殺すのが最優先だと思う 
子供を先に殺し、仇に苦しみを味わわせてから仇も殺す 
仇を殺し、子供からの報復があるかもしれないから子供も殺す 
手順としては有りだと思う 
心情的に有りか無しか→そこを有りに見せる、無しに見せるが創作の腕の見せ所なのでどちらとも言えない 

個人的に考えなら日本の法律で復讐による殺人は認められていないので無し 
創作の話なので自分の感覚を当てはめられない


66: たったーさん 2019/04/28(日) 09:31:42.51 ID:i1DE+wow
>>63 
あるかなしかで言ったらありなんだろうけど 
復讐として子を奪われる苦しみを与えたいなら殺すより誘拐するかな 
もしかしたら相手はそんなに子を大切に思ってないかもしれないし


67: たったーさん 2019/04/28(日) 09:39:44.95 ID:gNzDKwzJ
>>63 
同じ苦しみを、っていうのはわかるし自分の子供じゃなくても子供を殺すのが辛くてその子にも申し訳なくてそれでも復讐を優先して手にかけるって心情描写は多分好き 
矛盾を含むからこそ主人公が苦しくていいと思う


68: たったーさん 2019/04/28(日) 09:42:44.55 ID:aYdLcKaB
>>63 
矛盾は感じない 
だが、主人公が実行できるかどうかは別問題と捉えている 

仇の子供がまだ成人ではない、親がなにをしたか知らないとかなら 
主人公はそうしようとしたが、どうしても敵の子供を 
手に掛けられない、という展開にもっていくかなぁ


71: たったーさん 2019/04/28(日) 11:52:11.94 ID:AUoBZJZI
>>63 
主人公が最後考えを改めても改めなくても矛盾を感じない 
主人公のキャラによるので、違和感を感じないどころかコイツならむしろそうするだろうって思う事もある 

仇の子供に自身の子供を重ねたり親と子の罪を分けて考えるキャラか、仇とその子の人権を尊重する思想や余力があるか、 
自身の中にそもそも他人の子を殺める事へのタブーがあるか、子供を失っても他に守りたい物があるか、 
この辺によっては子供を狙わない方が不自然なタイプもいるし、絶対にしないタイプだからこそって場合もある

引用元
http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/doujin/1556113995/