130: たったーさん 2019/09/01(日) 16:19:29.07 ID:5ccLhRpg
特撮ヒーロー番組で悪役を演じた役者さんが 
私生活・別の仕事でも子どもに怖がられるというエピソードをよく見かけるのですが 
実際に小さな子は番組内の出来事=実際に何処かで起きている事と思っている節があるのでしょうか 

自分が子どもの頃そうだった、自分の子ども(or親戚など)がどの程度信じていると言ったことをお聞かせください 

私は小さい頃その手の番組を観ていなかったのでよくわかりません


tv_girl_chikaku




131: たったーさん 2019/09/01(日) 16:33:37.83 ID:+ibbCpNE
>>130 
ルンルンはいつか自分の住んでる町に来てくれると思ってた 
甥っ子は新幹線が走ってると「シンカリオンかな!?出撃かな!?」って言ってる


132: たったーさん 2019/09/01(日) 16:47:38.89 ID:sHeq9RmV
>>130 
自分は記憶のある3歳頃にはアニメや特撮はフィクションだって理解してた 
ただ、悪役本人の人格もこわい人という意味ではなく「悪役の顔と認識してるから」こわがるということは起こりえたかもなと思う 
(妖怪人間ベムがフィクションとわかってたけど怖くて泣いてたので) 

身内に幼児はいないからわからないけどTwitterとかでバズってるツイ見てると現実と区別ついてない子は多いように見える


引用元
http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/doujin/1566809013/